indigo & broad bean

スクリーンショット 2015-04-04 19.40.52

uchibitoさんがインディゴプレートと
そらまめのお料理を合わせてくれました!
(写真お借りしてます。)

フーラ・アトリエの気まぐれ日誌

空豆の葛粉スープと
空豆・れんこん・三つ葉のかき揚げの
作り方ものせてくれてます〜。
うちびとさんのかき揚げは
カラッとしていて美味しい!

 

cafe CHiQ in NOMADO-MURA

スクリーンショット 2015-03-31 22.15.20

友達のまいさんが淡路で週末カフェをすることに
なりました。4月4日、今日からスタート。

P1020431

昔の写真になりますがまたまいさんのぱんが
淡路に行ったら食べられる♩

DSC_0605

わたしは美味しいお料理をのせてもらう
器送りました!揃ってなくても
良いとのことで、数年前に作った
初期のプリュイ(ふわっと黄色を入れた
ものなど)最近のインディゴも混ぜたり
どんなお料理がのるのか本当に楽しみです!

時間できたらごはん食べにいきまーす!
まいさんがんばってね。

feels like italy

P1040614

3年前に行ったイタリア、
最近再びイタリアが気になっているのです!

P1040609

きれいだったフィレンツェの街。
市場のイタリアンオレガノ
また買いに行きたいなぁ。

DSC_4653

思えばこれを作ったのがきっかけなのか
最近どこにも行ってないからなのか
なんとなく海外で陶芸がしてみたくなって
最初はロンドンのサマーコースを見ていたのが
イタリアのサマーコースに流れ
妄想が膨らんできてます。

DSC_5467

イタリアやスペインのソフトな陶器を見たのをきっかけに陶芸をスタートしたことを思い出してました。鮮やかな色を出したりするので低温焼成かな、普段は無地の器ですが有名なのはマヨルカ焼きだし魚の絵とかレモンの絵とか見ていたら、普段とは違っていて楽しそうと結構調べはじめてしまいました。

自分のメモも兼ね

最初に見つけたのはフィレンツェの学校でしたが完全に予算オーバーでした。革製品とかも楽しそうだったんだけど。
フィレンツェから40分ほど離れたモンテルーポという陶芸の街にある陶芸学校は1週間のfull time(9時から16時まで)絵付けコース、ろくろコースなどもあって270Euro(学費のみ)内容的にも陶芸専門なのでいろいろ勉強になるんだろうなーと思いつつ、休みでイタリアに行って毎日そんなに陶芸するの??と自問自答中。しかも、わたしはイタリア語はできない!見ていたらきっとなんとなくはわかるけど、先生のマエストロはイタリア語のみなのだそう。決めたら日常会話ぐらいは勉強しないと。

スクリーンショット 2015-04-04 15.58.00

モンテルーポ国立陶芸学校
montelopo Scuola di Ceramica

もうひとつは、Salernoという街の学校でこちらはイタリア語がメインの語学学校で陶芸の絵付けが多分おまけでついてくる感じ。学費は1週間で90Euroで滞在もシェアアパートとかあるみたい。Salernoは海の街、アマルフィも近いしバスやフェリーでちょこっと遊びに行けるし、ヴィエトリでの絵付けとかいてあって、どちらかというとイメージとしてはゆるかわ絵付けができたら嬉しい。

学校はこちら→accademia italiana

vietriで検索したら出てきた素敵なサイト
いいな南イタリア→vietri.com

こちらの学校には50+ というコース名で「mature leaners」のためのコースがありました。日本で学校に行くといったら当然=若いってイメージで年をとると日本はいろんな意味で生きにくい場所だなと思う。もう良い年なんだからわたしもしっかりとした人生設計を立てなくちゃいけないのだけど、元気な時に行かないと長距離飛行機も大変になってくるので、笑。

ヴァケーション気分でちょこっと陶芸体験もできる風なので(イタリア料理コースもありますよっ!日本語ページもありました。)こちらでイタリア語習って、モンテルーポの学校で1週間という流れができればいいのかも?

スクリーンショット 2015-04-04 15.55.11

サーチャージも下がったのでチケットをざくっと調べてみた。せっかく日本の暑い暑い夏から逃れたいと思ったのに夏場はやっぱり高いなー。6月終わりまでに出発すると少し安い。どちらの学校も15日前ぐらいまでに申込みすれば良いのでまた考えてみようっと。

rustic marble

DSC_5401

マーブルプレートと珊瑚で気分はもう初夏、笑。

今年入ってから何枚焼いたことか。最初の本焼きで
ベース釉、そのあとに何種類かの釉を刷毛で
塗ると器は素焼きじゃないので
すぐに吸い込まず、器の上で液体のまま混じり合います。
それをそのまま2度目の本焼きをするので
仕上がりは焼き上がってからのお楽しみ。

DSC_5415

全体はこんな感じです。
こちらはふちにブロンズをつけたもの。

DSC_5768

個展の時はリムなしのマーブルプレートを
壁にもひっかけてみました。
もっと早く計画できてたら5つぐらい
綺麗に飾りたかったな〜。

yellow in april

DSC_6026

今回のチューリップは黄色と赤。
どんどん茎が伸びるタイプで
今やテーブルにくっつきそうなぐらい。
甘い蜜の香りが広がってます。

DSC_5939

個展ではじめて出したマットブルー
ミトラカルナさんのお菓子をのせたら
他の色より映えて使いやすいので
引き続き次も使おうと思ってます。

真夜中のイメージと言っていただいたのもあり
スペイン語での夜、「noche」が候補。

DSC_6068

練習で作っていたマーブルプレートはうち用に。
少し深さもあるし、リムもないから扱い気にせず
毎日使ってます。昨日はほうれん草炒め、今日は
豆腐クリームでグラタン。19センチぐらいで
銘々のメインにも使えるし
普段使いにはこの形おすすめです〜♩

DSC_5917

中鉢は昨年作、小皿は裏ブロンズのマット・マーブル。

このところ疲れると胃にすぐきてしまって
そんな時は雑炊。金針菜を炒めたものに
母の作った梅干し。漢方の先生曰く
ストレスは胃を攻撃し酸っぱいものも
欲しくなったりするそう。またヨガも
スタートしたことだし、身体、心と対話
しながら制作したいと思ってます。

次は6月に青山での予定です。
3月に出していた新色をビシッと形決めて
出したいなぁ。雨の季節だからプリュイの
新しい形とか。5月最初には見えてくるはず。