夏の食べもの

DSC_7080

夏はちゃんと食べた方がしっかり動けることが今更ながら分かり、今年から夏だからこそしっかり食べることに。枝豆と豆乳のスープ、茶豆使ったらすっごく味が濃い!

DSC_7137

ししとうとしらす、すだちや赤玉ねぎにトマトを使って冷製パスタ。カッペリーニがなくて普通のスパゲティだったから歯ごたえあったけど、ガスパチョみたいで美味しかった。食べ終わったら気持ち涼しくなった気がする。

DSC_6829

磨り下ろし玉ねぎドレッシングのトマトサラダ

DSC_7118

すっかりはまってしまった
冷やしスパイスクッキー
(王子さまのおやつ)
ミルクティーと一緒に頂いてます。

早く涼しくなって欲しい〜。

new color

DSC_6891

最近の窯出し。今HPのトップページにものせている写真、夏の展示で出してた藍色にグリーンと結晶ができるマットの釉をプラスしてみたら、なかなか好きな色合いに仕上がりました。ブルーとグリーンの組み合わせは比率によってかなり印象が変わります。

DSC_6895

溜まりの部分はこんな感じ。採用。

DSC_6853

これは藍色にマットの黄色を合わせたもの。
青がきつすぎたのと底にマット感がたまりすぎ、、不採用。

DSC_6924

秋・冬になると作るスープカップ。
オレンジベースにみず色と藍色、
次は秋の展示だからまたこのカップを作ろうかな。
別の色も試してみよう。

DSC_6932

釉が厚くかかっているところはミルキーホワイト、
口をつける部分は薄くかかっているのでオレンジが出る。

DSC_6944

ゆとりができたので鉄を使った赤色をテスト。手前のものは藁の灰を使ったもので本当は土灰を入れるところ間違えてしまったのもあり、完全に茶色で失敗。天然の藁灰は不安定故におもしろいけど使いこなすにはもう少し勉強が必要だなあー。釉が厚くかかるとふつふつと噴火したような表情、鉄を入れずに白で使ったら良いのかも?

DSC_6973

いつも使っている釉をベースにしている方はちゃんと赤が出ました。
が、ずいぶんと和な雰囲気。
鉄赤は形も考えないと使うの難しい〜。

DSC_6983

濃いと天目釉のような黒が出るのがまた和を強調させる。
底に青を入れたくて、黄色→瑠璃を入れてみたけど
青はやっぱり消え気味。

DSC_6989

 赤の使い方は年内考えるとして、今回たまたま釉をたらしてしまった濃いオレンジの部分(ところどころにブルーが入りそうな予感)が気に入って、プレートか、スープカップにつけてみようと思ってます。うまくいけば秋の展示に出せるかなー。

次は個展、11月21日(木)〜25日(月)
中目黒のヒュッゲギャラリーの予定です。
hygge – 
http://hygge.cc

peach

DSC_6783

今日のデザート・桃のケーキ
桃、幸せ。

DSC_6800

今日のおやつ・抹茶クッキー、パイン&ココナツのバーチディダーマ、ヘーゼルナッツクッキー

週末は雨模様、まったりしてます。

bubble ball

DSC_6665

ガラスの星野先生の個展「with」に行ってきました。
光の反射や屈折によって様々な影を映し出すbubble ball
まるで水でできているみたい。

DSC_6646

DMも素敵でしたがこれもすごくいい!

個展用に作られた冊子には実際に使っている道具や制作過程、作品の説明などが書かれていてきちんと言葉で説明できるってすごいことだなーと感動しました。

DSC_6630

冊子や広告、DMなどはわたしも学校で一緒だった斉藤先生作。
センス良い〜☆

DSC_6635

そして写真は、わたしが研究科にいたとき仲良くしてくれた奈良谷先生が撮ったもの。この向日葵の入った作品の写真が奈良谷先生らしくて素敵。作品を撮るときって全体を写さなくちゃという概念が頭に浮かんでくるのでこんな風に大胆にカットしているのはすごく新鮮で、花がインパクトがあるのにちゃんと作品が主役になってるところもすごいな。

個展は作品作るのでいっぱいいっぱいになっちゃうはずなのに会場にも写真のパネルがあったり、個展のコンセプトも軸があって、話をしているとひとつひとつの作品とじっくり向かい合ってるのが伝わってきて見習わないと!と勉強させてもらいました。

surprise

DSC_6514

突然のお届けもの。箱を開けたら紫陽花と
わたしの好きなkajita coffeeが入ってました!

DSC_6531

写真を撮って、家のいろんなところに飾りました♩