kiln

DSC_4772

鉢(小&大)、リムミニ皿

DSC_4782

昨日の窯出し。窯の調子が戻ってきてこの色もじょじょに焼き上がってきました。マットな石のようなこの色が出てきたのでもう大丈夫そう。わたしの中ではドロマイトらしい色という感じ。腰の痛みは相変わらずだけど窯が元気になったら嬉しくて気分がとってもいい。窯がなおってからは時間を計算しながら毎日毎日焼いてるんだけど、来週までに本当に個数が揃うのか心配。。。

DSC_4637

これは先日分で焼いたもの。深いグリーンとブルーの組み合わせで、同じ素材でも化粧の部分を少し薄めにつけたり本焼きを2回することで焼き上がりがぜんぜん変わってきます。

DSC_4679

黄色い三日月

衝動買いしてしまった福島長石は一旦置いといて、もとの釜戸長石に戻しました。福島長石の方が若干溶けやすいとあったので使ってみたら、このタイプとは相性が悪いようなので、別の釉を作る時に使おう。

【夏至の贅沢茶漬け】展

夏至の贅沢茶漬け

【夏至の贅沢茶漬け】
6/11(水)〜 6/24(火)
日本橋三越本店
本館5階キッチン雑貨売場にて

先日江戸川橋にあるsuido cafeのランチに行ってきました。ランチなのに豪華でしかも使っているうつわがどれも素敵。つい癖で高台さわってみたり、沢山刺激をうけて帰ってきました。そして、酢飯屋・岡田さん監修の【夏至の贅沢茶漬け】展で碗、鉢、小皿を出展させていただくことになりました。声をかけてくださったことにとても感謝してます。撮影に茶碗を使ってもらえてちょっと浮かれ気味です(笑)。三越伊勢丹の会員様向け雑誌なのでわたしの元には直接入ってこないのですが記念に欲しい!(笑)と無理いって送って頂きました。計18名が参加の企画なので様々なうつわが揃うはずです♩

DSC_4364

このシリーズは昨年の個展から出しはじめたのですが、最初の本焼きはかなりマットで2度目に更に色釉を吹きがけて本焼きしないと出ないことや(それで割れてしまうこともあり。。。)色があまりにも不安定でしばらく休止しようかなぁなんて思ったりもしてました。今回は夏なので、瑠璃釉を少し加え始め先日の窯だしでは青い三日月が出てきました。結晶や三日月はたまーにしか出ないので数は少ないですが、ひとつひとつ色や景色が変わるのを楽しんでいただければ良いなと思ってます。

DSC_4539

小皿にも瑠璃の青を

DSC_4522

小皿いろいろ

窯は切れた熱線を変えて無事焼けるようになりました。昨年本焼きで爆発させてしまい破片が熱線にくっつき切れてました。こげてしまった部分をカッターで削り落として取り替え完了。そんなわけで、納期2週間を切ってるのに鉢の方の数がまだ足りない、衝動買いしてしまった長石30キロがあぶくが出てしまうなど、トラブルだらけでまた窯には負担をかけてしまいますが、フルスケジュールで頑張ってもらってます。

saori

DSC_4320

先日代々木のさをり織り教室に行ってきました。縦糸は既に用意してあり、壁に並んでいる沢山の糸からいくつか横糸を選びます。色選びに時間がかかりながら、涼しげな白やブルー、アクセントにピンクを入れ初のストールはこんな感じ。ゆる目な雰囲気にしたかったのですが、ゆるすぎたみたい。。。

DSC_4301

右手、左手、足を使って無心に織る作業、途中とばしてしまった部分もあるけど。。。すごく楽しかったです!次回は冬用ストールを織りに行きたいと思ってます♩

Rose

DSC_4288

お隣さんから頂いた大輪の薔薇。
今年も薔薇の季節になりました。

DSC_4337

窯をチェックしてみたらやはり1本熱線が
切れてました。部品早く到着して〜!

mist

DSC_4224

GWはお墓参りで伊豆の下田に行き買ってきたお花。
花瓶は昔作った手捻りのもの。

今はどんどん焼いていかないといけない時だというのに、昨日朝窯のエラー。温度が高くて開けられなかったのでまだ確定ではないんだけど熱線が切れているような気がして、業者に連絡して線を手配。1本1万円で計4万円とこの時期痛い出費でした。メンテナンス代も考えておかないと。

DSC_4127

DSC_4206-2

瑠璃を軽く吹いて焼いてみました。窯だしした時は青がきついかなって気がしたけど、翌日みたらアクセントになっていいのかも?と思い始めたところ。それよりなにより、早く焼き始めないと納期に数が間に合わなくなってしまう〜。ああ、胃が痛い、、