sui – 翠

DSC_3794

今回は6月の企画に出展する碗の試作。
しばらくこのシリーズが続きます。

DSC_3660

暑くなったり寒くなったりで窯の温度も微妙に変わってます。淵のあたりはマットでたまりの部分がガラス質に溶けたものがわたしは好きで、いつもは窯の上段の方がこういったタイプが出やすいのが、なぜか今回下から2段目&3段目あたりの方がいいみたい。

DSC_3863

薄く三日月が浮きました。

何種類かの釉を吹きがけして、2度本焼きするので割れてしまうものもあったり。今回は半分以上割れたし、高台がかけてしまったり既に一度泣きました、笑。でもこのタイプって多分泣きながら作るぐらい自分を追いつめないとダメなのかもしれないと思ったりしました。手がかかるけどひとつひとつの景色が異なる様を眺めるのはとっても幸せです。

DSC_3946

小皿は面も小さく平なのでこんな感じになります。

index2014_01

どのうつわも光の入り具合で見え方が変わるのですが、強く光りがあたると向かって左側あたりに瑠璃が現れます。写真はかなり個性の強めな仕上がりで、ブロンズの流れが少ないものや、マット感が強いものなど仕上がりは様々です。翡翠の色からとって「sui – 翠」、人には様々な面があって、強さ、弱さ、強さの中の弱さやその逆もある。内面のそれらはかたちにできるものではないけど、わたしの中では内面の強さや美しさがテーマです。

近い出展は、
6月11日〜24日まで日本橋三越本店【夏至の贅沢茶漬け】展

3月のUCHIBITO食堂

DSC_3329

やっとネットがつながったので(無線になるのはまだ先だけど。。。)3月のUCHIBITO食堂です。お花は誕生日にとうちびとさんがプレゼントしてくれたもの。ミモザのリースはそのまま外して今は玄関にドライリースとして飾ってます。

DSC_3366

今回は白とブルーのうつわを使ってもらいました。定番となってきている色なので最近は雨という意味を持つ「プリュイ」なんてどうかな?とこの時のうちびと食堂で相談していたところ。雨女なので、笑。(他にも名付けた意味はありますよ〜)

DSC_3375

前菜にはうちびとさんもわたしも好きな
コリアンダーがきいてます。

DSC_3340

ミモザのようにかわいい色合いの春のサラダ

DSC_3391

丸ごと玉ねぎのスープ
ころんとしていてとってもかわいかった。

DSC_3406

鶏肉のネギソース
深さのあるリムプレートはまだ試作中です〜。

DSC_3419

たらの芽とホタテの焼うどん
わたしがたらの芽が大好きなので作ってくれました!
写真見ているだけでまた食べたくなる。

お皿はこれまた試作段階のリムがとっても広いタイプ。
広リムはろくろをひいてるときに
おっこちそうでコワイ。
まだまだ練習が必要です。

DSC_3427

デザートはイチゴのレアチーズケーキ
少し早いけどと誕生日のお祝いをしてもらいました。

わたしが引っ越してしまったので今までのように食堂することができないのが寂しいのですが。。。また遊びに行ったり来てもらったりしたときにはおいしい料理を盛ってもらえるよう新作もがんばって作ります!これからも良いアドバイスをお願いします♩

sweets & tiny plate

DSC_3610

引っ越しは無事に終わったものの、未だインターネットもつながらず。
iPhoneでは調べものするにも画面がちいちゃくて疲れるので接続してみました。

ワークショップもさせてもらったりうつわや石鹸を置いてもらっていた
トリトリノキさん、お店は15日が最終日になり
昨日はごはんを食べに行ってきました。
帰り際、ちょっと遅くなったけどと手渡されたバースデーカップケーキが
かわいくて&嬉しくて、なくなっちゃう前に(いただく前に)
豆皿にのせて写真をとっておきました。
大好きなラムレーズンと豆腐クリーム。

お店はなくなってしまうけど、スイーツは作っていくそうなので、
いつの日か展示の際などオリジナルケーキなんかを作ってもらえたら
嬉しいなーと思ったりしてました。
ちゃんと依頼ができるよう、がんばらないと。

DSC_3621

昨年作っていた豆皿、リム付きはちいさなケーキやクッキーを入れることが多く
お茶と一緒に出したりしてます。(向かって右)ピスタチオと柑橘&ナッツの入ったクッキー
(向かって左)フロランタン、多分抹茶かな??ちゃんと見てなかった〜。
フロランタン大好き。

DSC_3630

淵が少し内側に入っているこのかたちはお醤油さしや薬味入れに使っていて
6月に展示のお誘いを頂き、企画に合わせて
もう少し大きめなサイズで作ってみてます。

今年の予定はネットがつながってからにでもおしらせします〜。