Thank you

DSC_1753

陶展「terra」終了しました。お忙しい中、お越し頂きありがとうございました。いつもと違った場所での個展で不安もありましたが、久しぶりに会う知人、友人や新しい出会い、人に恵まれていることに感謝する6日間でもあり、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

DSC_1496

季節的にも深みのある色を見て頂きたいなと思い、少し個性的ではありましたがこんなタイプの鉢や皿も持って行きました。わたし自身はあまり手のかかる料理をする方ではないのですが。。。料理人の方はもちろん言うまでもなくすごい!と驚く料理が盛られていて、そうでない方もご自宅で器を使って頂いてる時の写真をみせてもらうと、びっくりします。お店みたいで。

ブルーとグリーンのかけあわせた色はどちらかの配分具合で雰囲気が変わってきます。個展間近に出て来たマジョルカ島の海のようなブルーは来年安定して出せたらよいなと思っていて、他にも新たなお気に入りの色を探していきますので今後もどうぞよろしくお願いします。

DSC_1684

これは友人に作ってもらった「terra」をテーマにした香り。わがままいって、昼と夜の2種類をブレンドしてもらいました。朝は木漏れ日に歌う菫(スミレ)、夜が深い森に眠る月光香(チュベローズ)でした。両方ともクセになる香りで香りのブレンドもアートですね〜。

DSC_1773

展示中、何人もの方に珍しいお花!とほぼ毎日聞かれたこのお花&壁にかけていたものは、フラワースタイリストの幸さんが選んでくれたもの。コラボをしようと話していたのですが突然の緊急入院で本当に心配しました、、入院中にもかかわらず病院から器の色に合う植物の手配をしてくださって、大変な時なのに申し訳ない気持ちと感謝の気持ちとでいっぱいです。

上のお花:☆シルバー、シルバーブローニア ☆ネイビー、ビバーナムティナス ☆ブラウン、プルモサスナナス
会場での壁のツル:☆赤いツルは、赤ヅル ☆うねるのは、雲竜柳

DSC_1704

愛知から来てくれたうちびとさんから頂いたアレンジ。サプライズでランチから戻ったところに、なぜうちびとさんが東京に?と一瞬よくわからなかったほどビックリしました。むかしむかし、わたしの誕生日にプレゼントを持ってロンドンに来てくれたことまで思い出したり。そんな気の置けない友達の顔を見たら安堵からだったのかなぁ、ほっとしたのかなぁ、涙が出てきました。

他にも書ききれないぐらい沢山あるんです。個展といってもやっぱりわたしひとりでやったことではなく、沢山の人に支えられて行うことができるもの。思うような色が出なくてあせったりめげたりしているところで励ましてくれる友達がいたから新しい色も出せました。見てくださる方がいて展示をして良かった、うつわを作っていてよかったと思えます。ひとつひとつの器を見て大切にあつかって下さったギャラリー坂の中川さんにも感謝しています。とにかく、今はありがとうでいっぱいです。

11月の色

DSC_1534

調整した水色が焼きあがってきました。少しグリーンを加えた明るい水色と黄、ブロンズのリムプレートです。(写真だと実物より青がきついような。。。)この白いベース釉を使うとあぶくが出やすくなってしまうので現在大きめサイズが3枚。あぶくが出るのは温度が高いからなのだけど、温度が低いと色とガラス質の部分が出なくなったり、さらには夏だと外部温度が変わるので、季節限定の色として楽しむようにしてます。

DSC_1435

白とところどころ黄色の入ったミルキーホワイト。

DSC_1505

こちらはお茶碗、底のたまった部分に引き込まれそうで、個人的には炊きたてごはんというよりもスープやお抹茶?の方が楽しめる気がします。(実際わたしが使っている飯椀は常滑の作家さんが登り窯で焼いたものです~)

DSC_1475

今回初の四角いボトル、オリジナルのボトルはオリーブオイルが入ってました。この前行ったバリ島の海の砂をところどころ化粧土に混ぜてすりこんでみました。その砂が緑がかってる部分があって、もしかしたら銅のグリーンが飛んだのかもしれないけど、これはキレイです。

個展まであとちょっと。ひとつひとつが1点もの、いろんな色が揃ってきました。

the glaze color

terra - ceramic exhibition

11月21日からの個展のDMがあがってきました。展示まで残り1カ月もなく、さきほどまた本焼きをスタートしたところ。今回は大地、地球を意味する「terra」がテーマ。ドロマイトやルチル(コバルトに今回は鮮やかな緑色のクロムと銅のグリーンもはいります。)などの素材を混ぜた釉薬と大地の土が織りなす色は月の表面のようだったり、宇宙を連想させたりすることもあってこのテーマにしました。

11月21日(木)〜26日(火)
11:00から19:00まで
(初日13:00スタート、最終日17:00まで)
場所:gallery 坂・神楽坂

期間中、わたしもずっとギャラリーにいますのでぜひぜひあそびにきてくださいー。

DM写真の一番下から、黄緑や黄色のグロスの大皿、その次がマットなタイプの白とブルー、次が深い森の中のような深いグリーンの中鉢に釉が溶けきってたまりの部分が結晶化している小鉢になっています。

nkamio_0244

夏の頃の色が上の写真。この後にグリーンがなくなったのでつくったけど、外気温も下がってきたのもあり再現できなくなってました。さらに釉の調整をして今はもう少し明るめのグリーン。

nkamio_0783

グリーンのタイプは個性的な焼きあがりが多くなるので、いつもの白とブルーも出展します!小原土多めのリムプレート(23センチぐらい)。白とブルーのプレートは和洋、アジアンなんでもいけます、笑。

DSC_0832

初の神楽坂なので、ボトルコーナーも一部つくろうかなとおもっているところ。まだ持っていくかどうか迷っているのが手前の倒れたボトル2本、くっついてるので立てようと思っても無理です、笑。地震でも倒れないというぐらいで、何に使うとか用途は全く考えてません。最初は何本もくっつけて大きなオブジェにしようと思ったけど、途中で断念。いつかボトル展みたいなのができたら挑戦してみようっと。

森の食卓展

1385124_581172838585977_1209224119_n

恵比寿にある山小屋さんでの「森の食卓展2013」、今週末の日曜が最終日となりました。ありがたいことに追加での搬入やカップのお問い合わせをいただいたりで今日もお邪魔してきました。ギャラリーの比佐さんがとても話しやすく、あったかな方なのでお花のことや料理、うつわのことなどいろいろ聞きたいことも沢山!本当に素敵な方なんです~。

DSC_0870

ご一緒させていただいた、出展作家さんたち。

伊藤満(うつわ)
工房しょうぶ(木の器)
くだものうつわ(木の器)
フルタヨウコ(ジャム)
クル(クッキー)

先週はフルタヨウコさんの白桃とピンクペッパーのジャム、ヨーグルトと一緒にぺロリ。クッキーは入荷してもすぐになくなってしまうので今日やっと手に入れたっ!と大満足。シナモンとアニスシードのクッキーはバターを使っていないのに奥深くってスパイスもパンチがあってすっかりお気に入りです。そしてクルさんのウェブを見にいったら、わたしのプレートにかわいいクッキーが並んでるー!感激☆

DSC_0871

初の山小屋さんでの企画展、いろんな方に見ていただけたこと、他の作家さんとご一緒できたこと、素敵な機会をいただきありがとうございました。

cle

クルさんのクッキーと豆皿。11月21日からの展示でこの豆皿や新しい色を出展したいと思ってますー。