ミルクティー

DSC_8318

たまたま開いた本にのっていた紅茶やさん、「植田ラティス」に行ってきました。

コーヒーのお店はたくさんあるけど、紅茶の専門店はあんまりない中、こちらは農園にもこだわった紅茶が飲めるティールームと販売もしてます。

わたしが好きなディンブラでも農園によって風味が違うとのことで、インドの紅茶や日本の紅茶のことをお話したり、お店の方の知識の豊富さにも感動です。

ミルクティーでしっかりとした味のある紅茶というのはそんなに日本では人気のある方ではないようで、ティールームで頂いたディンブラもルフナも割と軽めでした。そんなことも伝えておすすめいただいた、「スターピー茶園」のディンブラを買って来てみました。以前はニルギリにはまってたのですが、最近は飲みやすい口に変わりつつあるとのこと、久しぶりに飲みたいと思ったのに個人的にはちょっと残念。少し前ならわたし好みのルフナもあったそうで、夏以降、入荷したらぜひまたルフナを買いに行きたいと思ってます。静岡での紅茶づくり体験もときどき開催してるみたいだし、これも参加してみたい!

DSC_8324

これはスリランカに行った時に寄ったローカルのキャンディ、ジェラガマ茶園。クセも特にないし、ただ、すごく香りが良いとかでもない、笑。自分で買って来たディンブラは速攻なくなりました。細かいラフな茶葉はあんまり日本には入ってこないみたい、、値段も安くて濃く出るから好きなのに。またスリランカに紅茶買いにいきたいな〜。+モルディブも寄りたい。

DSC_8331

ミルクティーにはやっぱりウォーカーズのショートブレッドかスコーンでしょ〜、笑。本当は磁器のカップで飲みたいところだけど、わたしは磁器使わないので。。。でも今度ちゃんとマイ・ミルクティーカップを作ってみようかな。

jade green

DSC_7694

フーラのカードで撮影したもののひとつ。

翡翠の原石とマロウの花。

ビビッドなピンクとグリーンブルーの色の組み合わせって好きだなあ。

わたしの手はちょっと残念だけど。。。

momogusa

DSC_7821

首は相変わらず変な状態なのだけど、鍼に行って少しずつ回復。梅雨の合間の晴天、思い切って多治見の百草に行ってきました。

DSC_7834

カフェの方でランチ。サンドイッチは野菜がフレッシュで美味しいね。あと、もちもちのパンのちょうど耳の部分がおいしかったな。これに自家製のジンジャーエールを飲みました。

「 ここちよいくらし ランチ 」

・ハムと野菜のサンド(ルヴァンのパンにゴーバルのハムと無農薬の人参・ルッコラを旬の新玉ねぎをたっぷりのタルタルソースと一緒にはさみました)
・自家製ピクルス(新鮮な野菜を食べやすいピクルス液で漬けました)
・小松菜のジュース(畑でとれたての小松菜をりんご・キウイと合わせて生ジュースにしました)

DSC_7828

展示はコットンの「ここちよいくらし」がやってました。オーガニックコットンの服やタオルなど。この写真、こうしてみると涼しげだけど、既に気温は高くて暑いの苦手なので真夏になる前に行けてよかった。名古屋も寝苦しくなってきたしなぁ、嫌だなぁ、湿気のある暑い夏。

ジャーマンアイリス

DSC_7238

恵比寿の山小屋さんで展示していた幸さんの「アイリス」展いってきました。

この空に向かってのびたところがなんとも自由で、可憐。

わたしはいろんな意味で自由であることが好きだけど、実際になってみると案外孤独感の方が多かったりもする。自由というのは時に孤独。でも孤独の中の美しさみたいなもの、頭に思い浮かんできました。

開花すると約40時間で花は萎んでしまいます。

DSC_7242

今まであまり目にすることがなかったお花ですが、色と香りがそれぞれ違います。

これは幸さんにおすすめ頂いたタイプ、つぼみのときは分からなかったけど開いたら2色になっていました♩

DSC_7214

この黄色は蜂蜜のような香り、撮り損ねてしまった紫は甘美なフローラルの香り、翌朝3本を生けていた部屋に入るとすべての香りが部屋いっぱいに広がって、なんだかとっても幸せでした。優しい気持ちになれた。

豆じさんのお豆

DSC_7294

展示中は写真があまり撮れず、後日撮影。これが大人気だったくらかけ豆のおひたしです。

DSC_7274

フロランタン、あっという間にひとりで一袋食べきりました!あまりに好きすぎて、フロランタン用の皿、作ります〜。

DSC_7320

家に戻って疲れをとるべくひたすら寝て、食事の方も少し健康的に、豆じさんが出展していたお豆ご飯をいただきました。説明書通りに豆をフライパンで煎って、皮がはじけて中の緑色が出たところでご飯と一緒に炊いてみると、お豆の甘い香りと柔らかすぎない食感がとっても美味しかった。

器と食。わたしは器を作りながら、ご飯が美味しかったら器は何でもいんじゃないかな?って思うこともないわけではないのです。でも作る。このお豆も大切に育てて作られたもの、このお豆ってすごく良いって伝えようとしている豆じさん、食と器、わたしはその良さをひきたてるような器をつくっていきたい。

来年も豆じさんとふたり展、ご一緒できそうで楽しみにしてます♩