「冬の贈りもの展」終了しました。

今年最後の展示「冬の贈りもの展」終了しました。寒い中お越しいただきありがとうございます。初日のブログでも書いたけど、久々に会うともだち、回を重ねるごとに新しい出会いや再会があって楽しい時間をすごさせてもらいました。反省点も多々ありますが来年は今以上にがんばってまたこちらにやって来たいと思います!

今回もご一緒させてもらった作家さんたち、ギャラリーのスタッフさんたち、オーナーのちえさんにも感謝。来年もよろしくお願いします!

白い器限定なんて言いながら後半かなり黒いの混ざっちゃいました、笑。

写真はいつも撮ってくれているF氏。ありがとう!

nakameguro

毎日毎日自分でも恐ろしくなってしまうほど食べてます。今日もiPhoneの写真で中目黒のギャラリーの姉妹店、qucaのランチ。ランチにそえられているこの人参が甘くてびっくり。玄米ごはんと野菜中心のお料理なので胃腸が疲れてるなーっていうこの時期におすすめ~。

qucaも野菜のおいしいフレンチもどちらもお休みで行った川沿いのHUIT。ヨーロッパでよく見るテーブルクロスが懐かしい感じ。毎日ケーキを食べてるからランチだけにしたけど次回はケーキを食べてみたい。

気が付けば今日は「冬の贈りもの展」最終日。一週間があっという間。わたしは楽しい年末を過ごしてます。

「冬の贈りもの展」はじまり

「冬の贈りもの展」はじまりました。

 今日の初日からたくさんの方たちと知り合ったり、ひさしぶりに会う友達と会っておしゃべりできて楽しかった~。(引っ越してからおしゃべりに飢えているのかも。しゃべりすぎてごめんなさい。)hygge galleryにいるとたくさんの素敵な出会いがあって、刺激があって、心地よくて、毎回大切なものをもらっています。寒い中、お越しいただきありがとうございます。

陶器を持っていたのでカメラは断念、、写真はiPhoneなので画質が荒いけど今日の2枚。
左:空色鍵盤菓子のマフィン→23~25日の3日間の限定マフィン(ブルーチーズがワインにも合っちゃうよ。)
右:国分さんの書とterreさんのお正月お飾り
他にも、Nenlandさんのミトンはあったか気持ちよい毛糸でどれも一点ものいろいろあります。

在廊予定:24日(多分3時頃まで)、26日(夕方まで)、28日(17時終了)

参加作家:
国分佳代(書・和紙小物)、空色鍵盤菓子屋(菓子)、
terre(正月飾り)、神尾奈々(陶器)、口笛(ガラス)
sachico (フェルト)、Nenland(ミトン)、玉置真理(イラストカレンダー)

ゲスト作家 (ガラス)
新田由美子、木下敬子、野田真利子、三浦泉、山崎キリコ

白い小皿

冬の白い小皿&箸置きを焼きました。

化粧土の質感を残したくて釉がうすがけになっているし、ベリーのところ凹んでるし、乾いてるもの向きの小皿になってしまいました!サイズも小さいし、個人的には食器としてならパンやお菓子あたりがおすすめ。(食器用の防水処理を施し中。)

 

今回メインに使っている釉の小皿。裏側は化粧仕上げで、星を彫ったものとナシのものがあります。岐阜の窯では間に合わず、家で焼いたので4枚。パソコンの真横に窯があるおかげでファンの音が耳から離れないー。

小皿は発送に間に合わなくて手持ちで行きます。ふぅ、ちょっと疲れた〜。