jogging

 

突然ジョギングがしたくなりました。家にいない時もあるからジムに通うのは厳しいしどうせ走るだけだから...と探してみたら近所の運動場のトラックで走れるようなので見に行ってみると本日休場日。

夕陽が見れるぐらいの時間にしようと思いながら帰って来てみたら隼瀬先生のDMが届いてました。先日東京を離れたことを聞いたばっかりのところに、隼瀬先生から届いたわけじゃなくギャラリーからのDMなので偶然っておもしろい。

手びねり

大阪に行ってきました。カメラは持って行かなかったので写真はないけど(持っていても撮らないだろうなぁ〜、笑)アジホのたこ焼きもしっかり食べて来ました。中はとろとろでシュークリームのカスタードみたいに柔らかい。焼きたはかなり熱いので小龍包を食べる時みたいな覚悟で、お出汁につけて食べます。

慶子ちゃん家にある水玉フリーカップ、使いこんだ感じを見てちょっと嬉しくなりました。カップは小さめ、大きめと様々な貫入が入る釉をよく使っていて、コーヒーや紅茶など使っていくうちに少しずつ貫入に渋が入り込んで年月と共に変化していったところがわたしの中での完成です。

フーラに置いてもらっていた陶器をそろそろ入れ替えしなくちゃ〜と以前作ったものを見ていたら少し土っぽいのが作りたくなりました。リクエストを頂いたので久々に手びねり。

 

 ろくろに比べるとずっしりな重さになっちゃうけど、手びねりは手びねりであったかい感じ。化粧をつけてまた星を彫りました。スープカップは少し分厚くてもいいかな。

 

natural soap

片付けのダンボールから出てきた昔作った石けんを使ってみたら翌日は肌がつるつる。久々に感動なのでお皿にのせて大事に洗顔に使っています。メモも何もついていないので一体いつ頃の何の石けんか良くわからないのが残念。

作りたては精油の香りが残っていていいけど、香りはなくともしっかりと乾燥&熟成した石けんはかなり魅力的。置きっぱなし、忘れっぱなしでもちゃんと使えます。というより、機会があればぜひとも使ってみてもらいたい幸せな心地です。今度改めて長く置いてから使う用の石けんを作ろうかな。

 

毎年秋にお声をかけていただいているイベント、今年もご一緒させていただくことになり毎日毎日石けんを包んでいます。80、90個近くなるとこれが結構ヘトヘト、笑。暑い夏が長かったのでギリギリに...本格的な夏が始まる前に作っておけばよかった〜。(と毎年反省している。)

kiseto

なかなか窯の具合がつかめず。

溶けやすい釉とそうじゃないものの差がはげし過ぎて
焼成温度が定まらない、、涙。

中目ぐらいの土をブレンドしてみました。
星を彫った水差し。

antgauge

だいぶ履き古して膝の穴が大きくなってしまったので
ANTGAUGEのジーンズ(最近はデニムって言うんだよね)
を買って来ました。わたしにはとっても履きやすくて
中の腰のところの生地やステッチもお気に入り。

自分では修復不可能なほどの穴だったので試しに
お店で聞いてみたら目立たないように修理してもらえる
ことになりました。太って入らない...
なんてことにならないように気をつけなくちゃ。