yacon

orzo organic maketでの冬野菜を送って頂きました。その中の新聞紙に包まれてこれだけ「ヤーコン」と書かれていました。このメモがなければ、ちょっと変わった芋だと思って料理したに違いない!

初ヤーコンなのでネットでレシピを調べて人参とキンピラにしてみました。スライスした生を食べてみるとしゃきしゃき、さっぱりとした甘さの初ヤーコンでした。

以前作った黒土と化粧土、コバルトブルーの釉&銀彩の小鉢に。

これオーガニックヤーコン。

他、ネギや人参、甘いほうれん草などなどオーガニックの野菜が沢山入ってました〜。しばらくうちは野菜三昧です。

自分では選ばない&お店ではみかけない野菜も入っていて、ウド(これも私のチョイスにはない!)は肉厚な椎茸とバターで炒めてパルメザンと醤油をかけて頂いてみたり、いつもと違うメニューになりました。

冬野菜の宅配便はコチラで。

un jour de jour

uchibitoトート用のボタンをつくりました。

赤土&かなり白い磁器土を合わせているので少し薄めでも割れにくくなっています。化粧はスノーホワイトの白、いつもは文字の彫った部分に茶色をいれるのだけど生がけしちゃったので全体的に白すぎたかも、、

ほぼ毎日使っているこのローズピンクのバッグ。中の裏地やサイドに入っているステッチもそれぞれ違うのでどれにしようか迷ってしまうトート。たっぷり入って軽いので赤いリネンでラージサイズを注文しました〜。わたしは選び始めると迷ってクラクラしてしまうので全部おまかせ。

Slip test

茶色っぽい化粧土が欲しいのでテストをつくっているところ。
チョコレートクリームみたいだけどちがう。

冬は土も水も冷たくて遠ざかっていました...ぽかぽかしたお天気だったのでろくろをひきました。小鉢とかカップとか、化粧土での新しいデザインを試したいので小さいもの沢山。春&秋は制作するのも楽しいのでこのまま暖かくなれば良いのになあ。

仕事場のスタッフをちょっとご紹介。More… をクリックしてね。

“Slip test” の続きを読む

岳中爽果・陶器展

同じ職場の先生、岳中先生の展示を見に代官山まで行って来ました。

以前からずーっと見に行きたかった作品展。ギャラリースペースも広く、数もさることながらどれも彫りもの+上絵や銀彩を施してあり手間をおしまない丁寧な作品に圧倒されました。そして、カルッ!手づくりかとうたがうほどの軽さ。(薄くても、ろくろの上手で早い人は水をあまり使わないので簡単には割れません!)

銀彩はスペシャルな時用なんて思っていたけどぜんぜんです!3年特別な扱いや保管をしてないカップを見せてもらったら何とも良い味が出ていて〜。(銀のところが鉄のような、わたしはどちらかというと銀より使いこんだ色の方が好き)最近また銀が値上がりしてしまって大変!と言っていたけど、銀彩をこんなに沢山使ってこのお値段で良いのですか...ってぐらいな感じです。

マットじゃない黒(つるつるの黒だけど、天目のような茶色はなく、本当の黒。うるしかと思ったぐらい陶器っぽくない。)の釉薬が気に入ったので、黒 x 銀彩のカップと鉢をお持ち帰りして来ました。使いこんで味を出したいと思います。今度写真撮ったらご紹介します。

わたしもがんばらなくちゃと刺激をもらった(&わたしは自分に甘い...と反省した)一日でした。

陶器展は23日、水曜日までです。

場所などはこちら → 無垢里