la nana blog

Almond grove in Greece

9月
11

IMG_2312

copper mat raku

DSC_7688

naked raku

DSC_7694

DSC_7703

DSC_7722

DSC_7736

IMG_2007

IMG_2194

数年前から海外でのワークショップの参加を考え。。。夏休みにギリシャのテッサロニキに行ってきました。ヘクターのお家にホームステイして約一週間ちょっと、各国から集まった陶芸好きな仲間と一緒に陶芸合宿を体験してきました。

朝からランチまでは原土の赤土を使った轆轤講習。ランチとシエスタ後、涼しくなってからraku焼きの講習に入ります。大きな庭にある自作の窯を使っていくつものraku焼きを体験してきました。中でも好きだったのが「copper mat raku」焼成したものを取り出してアルコールと水のシャワーにより表情がそれぞれ変わってくる。オレンジの孔雀?のような色合いが本当に美しくて。。。いつか日本でもやってみたいけど炎が出るのでなかなか実現できないままなのが残念。

初日から早速問題勃発、轆轤の回転が日本と逆!!でも頑張って左回りに挑戦してみた。今回の旅、自分の中でのいちばんの変化は「挑戦してみる」ということでした。アースンウェアの土は非常に軽くてへたりにくい。ヘクターに教えてもらいながら大きな作品を轆轤で作ってみたら、泥まみれになりながら作ることが純粋に楽しくて上手にできるできない関係なく土に触れてることが幸せでした。

 IMG_1987

窯の横で炭火焼した魚。脂がのっていて最高!

IMG_2078

カルメンのランチ。毎日美味しいもの沢山作ってもらいました!

IMG_2104

綺麗だったギリシャの海

IMG_2338

毎日土に触れ、庭でぼんやりしながら風を感じたり、海に飛び込んで遊んだり、美味しいご飯をみんなで食べたり。ヘクターとカルメン、参加したみんなと家族のように過ごした日々は大切な夏の思い出になりました。ありがとう。またいつの日かみんなで会える日が来るといいなー。

興味のある方はこちら→

Hector Mavidis & Pottery Courses and Ceramics Workshop in Greece

Greece - Thessaloniki, pottery, vacation Almond grove in Greece はコメントを受け付けていません。

La Sagrada Familia

9月
14

DSC_9246

DSC_9259

DSC_9262

DSC_9269

DSC_9274

DSC_9277

DSC_9280

DSC_9282

20年以上も前、初めてのヨーロッパがスペインのマドリッド、グラナダ、バルセロナで母とツアーに参加しました。まだ通貨はペセタ、スペインに留学したかったのでその下見がてら。その時はグラナダがすごく気に入って(もちろん今も)ロンドンに行ってからもスペインといったらほとんどアンダルシア地方に出かけてました。ツアー参加のバルセロナは確か2日程度でサグラダファミリアの記憶も薄く外からの眺めしか覚えてない。

晴れの日を狙って時差ボケでも元気な午前中に行ってきました。ホテルの人から事前にチケットをネット予約しないと数時間並ぶと聞いていたので、まだ空も真っ暗な朝6時に予約完了。30分単位で区切られた時間もしっかり指定しないといけないんですね。ホテルのフロントの人がプリントアウトしてくれました。が、その印刷してくれたものがどうやら違っていたらしく、事務所でチケットに変えてもらって中に入りました。携帯で画面を見せていたのでプリントしなくても大丈夫だったようです。

中は鳥肌がたつほど素晴らしかった。上からの光が美しくて涙がでるほど。変な表現だけど、生き物の体内にいるような、巣の中にいるような不思議な感覚でした。上ばかり見て首が痛くなっては、はしっこのヒンヤリした石の椅子に座りながらカテドラル特有の空気を感じて、生きているうちに見れて本当に良かった、生きているうちにまた見にきたいと思いました。

駅を出て、入るまでに時間があったのでカフェコンレチェとペストリーを買って建物が見えるベンチで朝食をしました。日常にこの景色があるってすごいことだけど、きっと住んでる人には窓を開けてそこに在るのが普通のことで、そんな日常がとても羨ましい。

その後、グエル公園に行ったけど2時間待ちだったので外側だけ見てきました。サグラダファミリアで満たされ、もう他は行かなくてもよくなってしまった。慌ただしい中見るのも嫌だからまたの機会に。 sagrada familia http://www.sagradafamilia.org

 

DSC_9297

グエル公園から駅に向かう途中の裏通り、わたしの中でのスペインってこんな感じで懐かしさが蘇ってきました。宿泊していたアシャンプラ地区はブランドのショップやバルもモダンなきれいな通りで、今ひとつスペインという気がしなかったのです。

spain-barcelona, vacation La Sagrada Familia はコメントを受け付けていません。

Hotel GRANVIA, balcelona

9月
13

DSC_9214

DSC_9201

DSC_9211

DSC_9208

IMG_4025

IMG_4042

IMG_4045

少し遅めの夏休みはオーストラリアのケアンズでフィッシュ&チップスを食べ、エアーズロックを見てくる予定でホテルまで予約していたのですが。。。JALのマイレージでパリまでとれたのでバルセロナ行ってきました!JALの新感覚エコノミーという前後がちょっと広い機内、食事もしっかり全部食べ映画も豊富でみはじめたら結局12時間近く眠らずパリの空港ホテルに到着した頃にはわたしの目は真っ赤に充血してました、笑。

バルセロナはサクラダファミリア、バルで食事、旧市街を散歩で街歩きが多いので、1時間ほど飛行機に乗ってマヨルカ島まで足をのばし海と山を楽しむ計画です。パリまではJALでバルセロナ、マヨルカ島はvueling航空をネットで予約。宿泊するホテルは計6箇所!バルセロナのホテルはアシャンブラ地区にあるグランヴィアにしました。部屋はリニューアルした後らしく新しく清潔&狭い。街中で便利でリーズナブルとなるとこうなるのかなぁ。

こちらのホテル、良かったのは勢いのあるシャワー(うちより出が良いのではと思ったほど)とレストランの奥にある大きなテラス。コーヒーや紅茶も無料のサービスがあって、ランチしたら一旦ホテルに戻りこのテラスで毎日シエスタしました。都会だけど中に入ると風の通りがよくて日陰になっているソファーでくつろぐ時間が幸せでした。バルセロナいいなぁーと思ったのはこのテラスのひと時も一役かってます。 Hotel Granvia http://www.hotelgranvia.com
 
DSC_9238

ランチが遅かったところに食べ過ぎて夜ごはんがチュロスになっちゃった日。チョコレートは甘くなくて自分で砂糖を入れて調整できる。チョコは滅多に食べないんだけど、歩き疲れていたところに熱々のチュロスをチョコソースにつけて食べたら元気出ました!

spain-barcelona, vacation Hotel GRANVIA, balcelona はコメントを受け付けていません。

agriturismo – making fresh pasta!

8月
22

DSC_8053

行く前から生パスタは作れるようになりたいなと思っていたところ、アグリで教えてもらえることになりました。オーガニックのセモリナ粉と水で作る手作りフィットチーネ。

DSC_8054

右側の白いのが電気で回してくれる構造になっているのか、練ったパスタをなんどかここに通してなじませながら伸ばしていく。見ているのとやってみるのはやはり違います。意外と早く出てくるので手際よくやらないと下にべろーっとついてします。この機械ほしいなー。

DSC_8066

薄くなったパスタ生地を丸めてカット。

DSC_8063

できた、できた、フィットチーネ。ハンドカットなのでまっすぐじゃないけど、この方がかわいいし!?ソースがからまりそうで良い感じ。

DSC_8069

次は外に出てハーブペーストに使うハーブを摘みに行きます!

DSC_8071

代々受け継がれてきた石臼でペーストにします。

DSC_8075

アーモンド、オレガノ、セージ、バジル、ミント、フェンネル、タイムなどなど

DSC_8070

DSC_8085

だいたい終わったところで、座って座ってと再びこの素敵なテーブルでディナーがはじまります。娘さんが夕方ラベンダーを摘んでいる姿を見ていて、このテーブルセッティングの為だったことがわかりじーんとしてしまいました。旅の良い思い出、わたしのとっておきのお土産です。

DSC_8087

DSC_8089

朝摘みのズッキーニの花のフリッターや大きなセージの葉っぱまで。フリッターの衣の作り方も見せてもらっていたのでいつの日か挑戦してみたい。(水ではなく、スパークリングウォーターを加えてました!作る頃には忘れてそうだな、、)

agri2

あげているところはささっと携帯で。あげているオイルはきっとオリーブオイルなんだろうなぁ。イタリアなら普通なのかもしれないけれど、日本だったらかなり贅沢なフリッターです。

IMG_3191

 完成!手作り生フィットチーネ・オリジナルハーブソース。自家製オリーブオイルもこれでもか!というほどにかけてくれました。美味しくてフレッシュなオリーブオイルは全く胃がもたれない!身体が浄化されました。

 アグリのBrunoさんには街に連れて行ってもらったり、奥様にこうしてクッキングレッスンをしてもらったり、本当によくしていただきました!帰りはここでめいいっぱい食した自家製のオリーブオイルを思い出に買って帰りました。大切に育てて作られたオイル、秋になったらあけようかな。ローマから1時間半程度で行けて、1泊からでも空きがあれば受けいれてもらえるので(2泊でもぜんぜん時間足りなかったので1泊はちょっと想像つきませんが、、)あまり時間がなくて。。。でもアグリも滞在してみたいという方にはおすすめです!詳しくは→ Agriturismo Nido del Falcone

Italy-tuscany, vacation agriturismo – making fresh pasta! はコメントを受け付けていません。

agriturismo – nido del falcone

8月
22

DSC_8000

旅の後半、ローマから1時間半ほど電車でフィレンツェ方面・ウンビリア州にあるアグリツーリズモ「nido del falcone」へ滞在しました。アグリといえばこんなイメージ。まさにそのイメージ通りのテラスで美味しいお食事をいただいてきました。

DSC_7886

レセプションで冷たいお水で癒され、お部屋に案内してもらいました。寝心地のよいベッド。

DSC_7895

窓からの景色。毎朝の目覚めは最高でした!

DSC_7884

1階のキッチンダイニング。

P1050304

ダイニングからのお庭です。到着した日はアグリでゆっくり過ごしました。

DSC_7914

待望のお食事。その日のディナーは到着した日に相談して選んだパスタから前菜を作っていただきました。自家農園でとれたオーガニック野菜、ズッキーニは新鮮で生でスライスしたサラダ。

DSC_7923

この日はアグリのBrunoさんもお気に入りのナッツとブラックオリーブのパスタ。暗くなってきちゃったのでこれ以降のデザートは写真なしです。オリーブオイルがたっぷりかかっていても全く胃もたれなく身体の中がきれいになった気分。

DSC_7933

ぐっすり眠って気持ちのよい朝。

agri3

朝食を持ってきてくれました。奥様、絵描きさんでもありアグリの部屋の壁にも絵がかけてありました♩

DSC_7928

自家製オリーブオイルをつけてのお野菜。ここにいたら旅行中でもしっかりお野菜がとれます。

DSC_7927

アプリコット大好き。

IMG_2969

プールサイドに座りながらパノラマ撮影してみた!
鳥の声しかしない場所です。

days, Italy-tuscany, vacation agriturismo – nido del falcone はコメントを受け付けていません。