la nana blog

Gardenia & Blue

6月
11

DSC_7222

つい数日前までアイリスの香りだった家は今朝から頂いたガーデニアの香りになりました。家に帰ってきたら玄関のあたりまで甘い香りが広がってます。

1234

先日のランチは軽井沢で買ってきたルッコラ、黄色ズッキーニとバジルを生パスタで。ルッコラの香りと苦味も強くサラダにするのは硬かったのでたくさん買ってきたズッキーニと一緒に炒めるのがちょうど良い感じ。

週明けにMaduさんから連絡をもらい追加分で今日別の青い器を送りました。このパスタに使っているIndigoプレートの深い青のタイプや今日焼きあがった分から。

DSC_7162

あとは、三つだけですが孔雀のような色の小鉢。久しぶりに真ん中に青い三日月が出ました。本焼きを2回するものはより深い色が出る。その分割れてしまうものもあるんだけど。今日うつわを洗いながら青い器っていうのは水に濡れた時が艶っぽくてなんかいちばん美しい瞬間なのかもと思ってました。

こうゆう色は結構好きで大きな皿で今度焼いてみたい。難しい色な気もするけど料理上手な方たちはきっと全く問題ないだろう
と、最近はわたしはわたしの好きな色を表現したいと思うようになりました。

今朝MaduのKaoriさんから、見に来てくださった方が器からこの詩に辿り着いたというTweetを教えてもらいました。

どんなに深く憧れ、どんなに強く求めても、
青を手にすることは出来ない。
すくえば海は淡く濁った塩水に変わり、
近づけば空はどこまでも透き通る。
人魂もまた青く燃え上がるのではなかったか。
青は遠い色。「谷川俊太郎/青は遠い色」

儚い青。遠い青。

わたしは普段に使う器を作っているので料理をのせることが前提ですが器の色を見て、いつしかの記憶と青が繋がったりする話しを聞くのが好き。何かの香りで昔の記憶がふと蘇った時のあの感じ、蘇るまでのふわふわした時間って一瞬別の世界にいるみたいで。でもそれは心や時間にゆとりがないと気づけないことでもある。

最後の箱を送って、土曜日にお店に行ってひとまず休憩に入ります。いろんなものを見て感じて、また作りたくなったときにその想いを表現したいと思う。

pottery Gardenia & Blue はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.