racha, thai

プーケットの本島に何泊かした後、スピードボートで30〜40分程度の島、ラチャ島に移動。調子があまりよくなかったのもあり泳いでは昼寝したり海辺でぼんやりサーフィンする人たちを見ながら、気づいたらサンセットに突入していたってぐらい何もしませんでした。(こんなに長い時間空を眺めていたのは初めてかも、笑。)

有名な場所に時間を合わせて行かなくてもこうして変わって行く空を眺めてると風は気持ち良いし、360度この景色の中にいられるし、最高な時間を過ごせました。

今回いつもの一眼レフを持ち忘れたことをこの時かなり後悔していたのだけど、実際に見ている景色や感動を写すには技量が必要だろうし、フィルムの方がきっと良いだろうし、ぼけーっとモードから切り替えて撮らなきゃいけないし...ってことで、その場を満喫してきました。

ラチャ島に行くボートに乗るには海が浅瀬なのでこのサカナの描かれたバスに乗って乗り場まで行きました。

ホテルの部屋にあったウェルカムフルーツ。ミニじゃがいもみたいだけどこれもロンコンというフルーツで皮を剥いて食べてみるとジューシーでおいしい。

ボートに乗る前のチェックインで、レモングラス、ラベンダー、ジャスミンの3種類からひとつ好みの香りを選ぶように言われ、ラベンダーを選んだところ、部屋のアロマオイル、シャンプー&コンディショナー、ボディソープ類が全部ラベンダーに統一されていました。(せっかくタイにいるのだからレモングラスにすればよかったな〜。)

アロマポットやバスルームの石鹸置きなどの陶器は全部手づくりのもの。茶系(日本だとアメのような釉)やブルーや藁灰釉のような、流れた景色がステキでした。

部屋は白とダークブラウンで落ち着いた雰囲気。iPodのスピーカーが置いてあって、曲をかけるとバスルームの方のスピーカーからも音楽が聞けるようになってました。

真っ白いバスルームにお花も生けてあってゆっくりバスタイムがお勧め!レモングラスハウスで買っておいたミルクバスにしました。

lemongrass house – www.lemongrasshouse.com

島に来ただけあって海はこんなにきれい。波はちょっと高かったけど雨期でも気持ちよく泳げました。調子が良ければシュノーケリングに参加したかったなぁ。(ホテルのアクティビティーが豊富にあります。)

最終日、空を見たら向こう側から真っ黒い雲が...ボートに乗る前にひとりずつ簡易レインコートが配られ案の定ボートは大揺れ!

乗ってすぐに船長さんから努力しますが揺れますアナウンスがあり大荒れでした。乗り物に酔う事は滅多にないのですが、正直このまま40分続いたら自分がどうなっているのか分からない恐怖&むちうちになっているかもしれないと不安だったけど、途中からは上下の揺れは少し楽になりました。行きは快適なボートの旅でしたが海が荒れた時は覚悟が必要ですね〜。

The Racha – www.theracha.com

– – –

旅の写真、foto のページにも少しアップしました。